こちらの記事で パッシブピックアップにEMG SPC(プレゼンスコントロール)を搭載して素晴らしいと書いておりましたが、

その後、色々な機材で弾いていると、どうも低音がブーミーで高域のきらびやかさが感覚的に足りない!

と思い、またSPC回路を無くし、ジャックとVolポットを直結したところ・・・

やはり!かなりの音質変化がありました。

使うアンプによっては「劣化」と言っても良い程の変化が感じられます。

 

何故これを最初劣化が無いと自分が思ったのか不明です。

酔っぱらっていたのでしょうか・・・(*_*;

 

という事で、EMS SPCは取っ払いました。

やはりSPCはアクティブのEMGマイクに使うのが良いと思います。

しかし、EMGに付けていた時もある程度は劣化していたのだろうなぁ~~~

と思うと少し複雑な気分になりますね。。。本当のEMGの音を知らないままだったのではないかと・・・

 

という事で、先日売りに出していたFENDER Custom Shop Fat ’50sも

SPCを通さずに他のストラトに搭載したところ、やっぱりこれはこれで素晴らしいサウンドじゃないですか・・・

ストラトらしい高域のきらびやかさはSuhrのマイクにはない美点です。

今回はSPCの悪さには参りました。もうパッシブマイクには絶対使いません。。。(笑)

EMG SPC プレゼンスコントロール

 

今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube
 

 

■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!