エレガット YAMAHA NTX700のボディー内に
どういう風にマイクがついているのか、
ガラケーを突っ込んで写真を写してみました。

かなり大き目のボタン型ピエゾマイクが
ブリッジの下の補強された部分に貼りつけられています。

やはりサドル下に設置するピエゾよりも
ボディー内にある方が少しでも空気感を拾いそうに感じます。

画像を見ると、2個貼りつけられていますが、
コントロール部でそれぞれの音量を調整出来ます。
これがまた優れもので、1,2,3弦側と4,5,6弦のバランスを
上手く整える事が出来ます。
音色の変化もこのバランスを変えるだけでもかなり多彩な
音色を作る事が出来ます。
EQで音質を整えるのは最後の味付けとして考えて、
まずこの2個のピエゾマイクのバランスを整えるのが良いと思います。

このシステムは
ナイロン弦用A.R.T. ピックアップシステム(SYSTEM-61)なのだそうです。

ボディー内はこんな感じです。

 
当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへにほんブログ村