KOTA MUSIC遂に!新しい領域へ!

今後は完全オリジナルなギター解説動画は全て KOTA MUSICプレミアムチャンネルにて配信いたします。 以下のバナーをクリックして、プレミアムチャンネルの本気をご確認ください。 https://kotamusic.com/premium/ KOTA MUSICプレミアムチャンネル

 

ギターでコードを弾く際に

最初のころは押さえた弦を全て弾く練習をすると思います。

 

勿論最初のころは全ての弦キレイに鳴るかが大事ですので、

そういう練習は非常に大切です。

 

しかし実際に上級者がコードを弾いているのを見ていて

こういうことを感じたことないでしょうか?

 

何か、自分より鳴らしてる弦の本数少なくねぇ?

と。。。

 

そうなんです。ギターでコードを弾く際、

何もいつも沢山の弦を鳴らす必要なんてないんです。

別の言い方をするとコード伴奏には沢山の正解があるということなんです。

一人で弾く時は沢山の音を省くことは出来ませんが、

バンドなどでベースや鍵盤楽器が後ろで鳴っている場合は

かなり音を省いてもサウンド的に十分成立する場合が多いんです。

 

勿論1音だけしか弾かないというのは極端ですが、2音も鳴っていればコード感は出るんです。

 

今回はそんなことを解説した動画をアップいたしました。

 

今回は以下のコード進行を例に解説しました。

Cm7が4拍でDm7(♭5)とG7は2拍ずつ弾きます。

コード,ギター,エレキ,アコギ,JAZZ,7th,3rd,5th,フラット,コードトーン,構成音,アルペジオ

この押さえ方の通りに押さえて弾いても勿論正解です。

でもこれ実際に動画の中でもやっておりますが、

押さえた弦全て弾きながら進めると、

ちょっと弦鳴らし過ぎで重い感じがするんです。

もうちょっとスッキリとシンプルに弾けないものか?

 

そう思った時には思い切って音を省くことをおすすめいたします。

まず省くのはルートから5番目(5th)の音です。

Cm7ならG音 Dm7(♭5)ならA♭ G7ならD音になります。

上記のダイアグラムならCm7とDm7(♭5)は2弦を弾かない様にします。

Dm7(♭5)の(♭5)を省くの??と思われる方が多いと思いますが、大丈夫です。

実際にやってみてください。

G7はこの押さえ方の場合は4弦を人差し指などでミュートして鳴らない様にします。

1弦も5thなので弾きません。

 

場面によってはルート音も省くことがあります。

 

この様に文章で書いてしまうと分かりにくいと思いますので、

是非動画でその聴こえ方の違いを確認してみてください。

 

それではコードはいつも全ての音を鳴らさなくても良いんだ!ということを解説した動画をご覧ください。

https://youtu.be/CRvveVMyoo0

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

—————————————————————————–

さてさて、KOTA MUSICの最新ギター教材!

「リズムを取りながらの演奏が出来るギタリストになる為の教材!」

はチェックしていただけましたでしょうか?

リズムやリズム感といったことに自信がない方!

あなたに今一番必要なギター教材がココにございますよ!!

以下のバナーをクリックしていただけますとホームページが開きますので

詳細はそちらでご確認ください。

お申込みもホームページからお願いいたします。

https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/guitar_rhythum

ギター,エレキ,アコギ,クラシック,リズム,リズム感,音符,楽譜,読み方,スコア,tab,とり方,拍子,長さ,休符,3連符,6連符,16分音符,変拍子



完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。

まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。

ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube

 

KOTA MUSIC遂に!新しい領域へ!

今後は完全オリジナルなギター解説動画は全て KOTA MUSICプレミアムチャンネルにて配信いたします。 以下のバナーをクリックして、プレミアムチャンネルの本気をご確認ください。 https://kotamusic.com/premium/ KOTA MUSICプレミアムチャンネル
■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!