ギター自作派の方達にとってはもはや説明不要の

ギターパーツメーカー

Warmoth「ワーモス」

私も以前からずっと興味があったのですが、

日本で新品のものを買おうとすると、安いものでも6万円近かったりして

なかなか気軽に手が出せる感じではありません。

4万くらいまでなら試しに買ってみたいな~~という感覚だったんです。

 

で、検索しておりますと、本国のWarmoth.comのサイトで直接買うことができると書かれていたので、

閲覧してみました。

 

するとやはりきちんと塗装までしてもらうと結構な金額になるのですが、

塗装無しなら何とか4万円以内で購入できそうな感じでした。

そこでかなり勇気は必要でしたら今回試しに1つネックを注文してみました。

 

今回アップしました動画の中でも語っておりますが、

Warmothのネックを試したかった理由は大きく2点です。

・現在流行りの「ローステッドメイプル」の強度や音質などを試したかった。

・ナット幅が物凄く広いネックが欲しかった。

 

で、ローステッドメイプルなんですが、どういう処理を施しているかというと

大体以下の様な感じです。

「無酸素状態の装置の中でメイプルを高温で加熱処理し、
材を強制的に乾燥させ、水分や油分を揮発させることで
剛性を高めたメイプル材のことです。」

音質にかんしてもヴィンテージよりのこなれた鳴りになるそうで・・・

まぁ鳴りに関しては個体差が大きいでしょうからこれはそれほど期待しておりません。

 

このローステッドメイプルなんですが、実はWarmothのサイトでも

ローストしたメイプル材を使用したネックは

塗装無しでも2年の保証が付くと書かれています。

ローストしていない材のネックは塗装して初めて保証がつく様なのです。

このことからもローストすることで材が確実に安定するということが分かります。

今回は塗装しない状態で半年、1年使ってみて本当にローステッドメイプルには

塗装が必要ないのかを実際に検証してみようと思っています。

 

で、届きましたネックはこんな感じです。

もうロースト感満載のカラーですね。実際に焦げた様なほのかな香りがするんです。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

 

ジョイント部にはお馴染みの亀さんマークとロゴですね。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

 

 

フレット処理などを確認してみましょう。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

驚くほど丁寧な処理はされておりませんが、最低限の処理はきちんとされております。

サイドに指を滑らせても引っ掛かりなどは感じません。マシーンを使って手際よく打たれた感じです。

 

今回はモダンタイプですので、ネックサイドからもトラスロッドの調整が可能です。

これは便利ですね。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

 

こだわりのナット幅ですが、何と!実測44.4mmなんです!!

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

なかなか44.4mmのストラトタイプのネックって無いですよね?

幅広ネックストラトと言うとマルキオーネくらいでしょうか・・・(^^♪

これが欲しかったんです。

ナットはTUSQ XLですね。

 

で以下の様な注意書きプリントが同封されていました。

どうやらローステッドメイプルは非常に割れやすく

ネジをねじ込む際、きちんとした穴を開けろ!と書かれている様です。

通常の材よりも下穴はサイズ的にも余裕を持たせた方がよさそうです。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

 

私が購入しましたネックのスペックは以下の通りです。

Style: Stratocaster®
Construction: Modern Construction
Orientation: Right Handed
Neck Wood: Roasted Maple
Fingerboard Wood: Roasted Maple
Nut Width: 1-3/4″
Back Shape: Standard thin
Fret Size: 6100
Tuner Ream: Gotoh/Grover (13/32″ 11/32″)
Radius: 10-16″ Compound
Scale: 25-1/2″
Fret #: 22
Mounting Holes: Standard 4 Bolt
Pre-Cut Installed String Nut: GraphTech White TUSQ XL – Standard Nut
Inlays: Black Face Dots
Side Dots: Black Side Dots
Finish: No Finish

 

ネックシェイプはスタンダードシンとなっておりまして、

数値的に(サイトでサイズ書くに出来ます)やや薄いかなぁ~~と思ったのですが、

フレットをジャンボにしましたので、まあ一番人気らしいスタンダードシンで行こうと思いました。

実際手にしてみると、数値程は薄さを感じません。

ギターにセットしたら違和感なさそうな予感です。

 

で、実際に注文する手順をご紹介します。

結果から言いますと、国内でネットショッピングするのをほぼ変わらない感じで

かなり簡単に購入できました。便利な世の中になりました。

 

まずトップページです。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

真ん中辺りに大き目のボタンで「Build Custom」と「Shop In Stock」がありますが、

「Build Custom」は仕様を自分で全て選んで作ってもらうページに進みます。

「Shop In Stock」はもうすでに製造されたストック品を購入できるページに進みます。

 

今回は「Shop In Stock」のページから自分の好みに近いネックを探して購入しました。

ストック品と言いましても、ナットとフレットは装着されていない状態ですので、

ナットをインストールするかしないか、それと打つフレットのサイズ・材質を選べます。

未塗装の状態ですので、塗装をする、しないも選べるんです。

先に進むと以下のページが開きます。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

ここでギターネックを選んで先へ・・・

ストックされたネックの写真が並ぶページです。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

 

左側のボタン等で絞り込み検索が可能です。

形状・材質・ネックグリップ・ナット幅など

細かい絞り込みが可能です。超便利です!!

 

好みのものをクリック!

詳しいスペックがこのページで分かります。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

右上で以下の4つの項目を選択可能です。

・ペグの取付穴のサイズ。

・ナットの種類。取付しないも選べます。

・フレットサイズと材質の選択

・塗装する、しないと種類の選択

 

ペグ穴は無料、ナットはインストール代がこの時点でTUSQ XLで32ドルでした。

フレットはニッケルシルバーの場合はどのサイズでもネックの代金に含まれます。

ステンレスを選ぶと、プラス25ドルほどでした。なかなかお得かもしれません。

私は音質的にニッケルが好みなので、ニッケルで6100のジャンボを選択。

 

ページ下にはネック形状など確認出来ます。

全て選んで先に進みます。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

 

どこまで輸送するのか選択します「Japan」を選択

右側に2種類の送料が表示されます。

高い方が早い便ですね。10ドルも違わないので高い方が無難です。

今回は何と!注文後9日で到着いたしました!早いです!!

これは時期とかタイミングで結構違いが出ると思います。

 

先に進むと住所などを入力するページです。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

英数字で住所を入力します。

「英語表記での住所の書き方」などでググると詳しいページがありますので、

検索してみてください。難しくはないです。

 

更に先に進むとカード情報を入力するページです。

warmoth,ワーモス,ギター,エレキ,ボディー,ネック,モディファイ,パーツ,ローステッド,メイプル,ロースト,塗装,フィニッシュ,オイル,品質,輸入,価格,弾き比べ,音質

それが済めば注文完了です。

 

気になる合計金額ですが、以下の様な感じです。

・ネック本体:264ドル(ナットインストール代32ドル含む)

・輸送費:82.27ドル

・日本に到着してからの配送料:1,600円

合計を今のレート109円で計算して

約39,343円です!!

何とか4万円でおつりがきました。

国内では4万円予算で探してもここまで自分好みのネックって存在しませんから

現時点ではかなり満足です。

 

で、注文自体はほんとに拍子抜けするほど簡単でした。

サイトが良く出来ていて、ギター用語さえわかれば

英語のままでも大体のことは理解できると思います。

とにかく丁寧に説明されたヘルプウィンドウが沢山用意されていますので、

疑問点は全てヘルプウィンドウで解決されると思います。

 

今回は「Shop In Stock」のストック品に塗装なしで購入したので、

9日という短期間で当到着しましたが、塗装ありの場合はストック品でも

かなりの期間掛かると思います。

納期の目安もページに説明がありましたので、詳細はサイトにてチェックしてみてください。

 

当然カスタムで製作してもらう場合も期間はかなりかかると思います。

ですからそんなの待てないという方は「Shop In Stock」から

自分の好みに近いものを探すのがよいでしょう。

 

ネックやボディーの各部のサイズなども詳しく書かれておりますし、

ギター好きがセミオーダー的にオリジナルギターを妄想するには

本当に楽しめるページ作りになっていますので、

ギター好きの方は一度は覗いてみることをおすすめいたします。

 

今回も勿論動画をアップしておりますよ。

実際にネックを手に取りながらうだうだ語っておりますので、

今回も倍速再生推奨ですね・・・笑

 

それではWarmothでネックを買ったよ!レポート動画ご覧ください。

 

https://youtu.be/u0jKgmZAHJc

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

—————————————————————————–

さてさて、現在販売中の

「アドリブに使えるドレミを覚える為のギター教材!」

はチェックしていただけましたでしょうか?

以下をクリックしていただけますとホームページが開きますので

詳細はそちらでご確認ください。

お申込みもホームページからお願いいたします。

https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/adlibguitarpractice

ドレミでアドリブ習得 ギター

 



完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。

まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。

ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube

 

■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!