いつも声とエレキギターをライン録りで撮影しておりますが、

今回は実験的にアコギでマイク録りをしてみました。

 

具体的にはマイクとしてZOOM H2をギターの前に立ててギターと声を同時に拾い、

それをいつものBOSS JS-10 につなぎ、JS-10からカメラのライン入力につないでおります。

 

結果としてはそれでも音量的には問題なく撮影出来たので、

アコギの場合はこの組み合わせで行きたいと思います。

 

さて、今回は珍しく生アコギを使って、スラップ風のフレーズを解説した動画をアップいたしました。

 

動画の中でも言ってますが、スラップフレーズとかカッティングフレーズの中で

「オッ!?今のどうやって弾いた!?」

と思うフレーズって多くの場合、高速のノイズとかゴーストノートが入っているのです。

ちょこまかと素早くノイズが出せる様になると、非常にパーカッシブなフレーズに聴こえさせる事が出来ますので、是非この機会にご自分のネタの一つにしていただけたらと思います。

 

今回解説したフレーズのTAB譜は以下の通りです。

スラップ,サムピング,ベース,ギター,エレキ,アコギ,プル,ゴーストノート,ノイズ,リズム,フレーズ,トレーニング,やり方,弾き方,方法,練習,レッスン

「×」はノイズとかゴーストノートになります。

〇で囲われている「×」は右手親指で6弦を押さえ付けるか、叩いてフレットに弦を当ててノイズを出します。

2小節目の頭の音は〇を付け忘れておりますが、1小節目と同じです。

 

このフレーズのポイントはズバリ!「×」の高速3連ですね。何カ所か出てきます。

16分音符の3連になるのですが、後半は実音で6連符と表記されておりますが、

スピード・リズムは16分音符の3連と同じです。

 

実際に動画の中では1小節ずつゆっくりと弾いておりますので、

弾いてみたい!と思われました方は是非最後までご覧いただき

じっくりとトレーニングしてみてください。

 

私は久しぶりに右手の親指を酷使したので、

かなり指先が痛くなりました。水ぶくれが出来かけてますよ・・・(T_T)

くれぐれも怪我や故障のない様、練習は程々にしてください。

程々ではなかなか上手にならないのがギターですが・・・笑

 

話しは変わりますが、先日、視力が弱いとおっしゃる方から、

KOTA MUSICさんの動画は丁寧なので、

画面を見なくても比較的分かり易い!というご連絡をいただきました。

(当方のギター教材も数点ご注文いただきました。ありがとうございます。)

丁寧に解説してきて良かったと思えた瞬間でした。

今回の動画も弾く弦、使う指を出来るだけその都度言う様にしていますので、

恐らく画面を見なくても殆どの箇所理解していただけると思います。

 

これからも中級以上の方にはくどいと思われる事が多いと思いますが、

出来るだけ丁寧解説を心掛けて行きたいと考えております。

 

それではスラップ風フレーズをアコギで解説した動画をご覧ください。

冒頭で解説するフレーズを弾いております。

https://youtu.be/JmZY1uT6YUM

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

—————————————————————————–

さてさて、現在販売中の

「アコギ版スーパーレッスン曲教則DVD」

はチェックしていただけましたでしょうか?

以下をクリックしていただけますとホームページが開きますので

詳細はそちらでご確認ください。

お申込みもホームページからお願いいたします。

スラム奏法スラップ奏法,ボディータッピング

 



完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。

まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。

ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube