今回は右手指弾きでの【渋キレフレーズ】をご紹介いたします。

渋いといいますか、結構地味なのですが、

こういう地味なプレイが決まる様になると、弾いていても楽しくなります。

 

なかなかこういう指弾きのリズムカルなフレーズって

自分がコピーしたい曲に使われている事がなく、

出会いがないまま数年~~~

という様な方も多いのではないかと思います。

 

是非この機会にピック弾きだけではなくて

指弾きでのリズミカルプレイフレーズを一つ覚えてみてください。

 

最初はなかなか上手くリズムに乗せられないと思いますが、

大事なのは、1小節だけでも良いので覚えてしまって

事あるごとに弾いてみる事です。ギターを持ったら必ず5回は弾くとか。。。

そういう事です。

 

そうやって遊んで行くうちに、いままでピックでしか弾いた事がなかったフレーズも

徐々に指弾きでも弾きたくなってきます。

とにかく、ギターはピックでも指でも弾ける様になると一気にプレイの幅が広がりますので、

楽しみも増えます。

是非じっくりと取り組んでみてください。

 

動画で紹介しているフレーズのTAB譜は以下になります。

※クリックすると拡大すると思います(デバイスやソフトによっては無理かもしれません)

1小節目と3小節目は全く同じで、2小節目は4拍目が違うだけです。

4小節目は右手人差し指と親指しか使いません。単音弾きのカッティングの様な雰囲気を指弾きで演出しております。

指弾き,カッティング,バッキング,ギター,エレキ,コード,単音

動画の中で冒頭ではBPM:116のスピードで弾いておりますが、

まずは速度の事は気にせず、指運びを徹底的に手に覚え込ませてください。

その後、メトロノームなどを使って正確に弾ける様にしますが、

まずはBPM:100のクリック音を4分音符ではなく、8分音符だと思って

弾いてみましょう。

これも実際に動画で実演しておりますので、そちらをご覧いただけると

分かり易いです。

 

実験的に動画後半ではBPM:140の速度でも弾いています。

ある速度を超えるとまた別の独特な雰囲気を感じ取る事が出来ますので、

自分の限界に挑戦してみてください。

 

動画の中でもテロップ出しておりますが、

4小節目の4拍目は右手「人・親・人」の順番で弾いてください。

ゆっくり弾くと「親・人・親」になってしまいますが、「人・親・人」で覚えましょう。

 

それでは■初心者はなかなか出会えない!?指弾き【渋キレフレーズ】を解説しました動画をご覧ください。

https://youtu.be/UD9vgz_rrxs

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

—————————————————————————–

さてさて、現在販売中の

「ギター上達に欠かせないミュートを習得する為の教則DVD」

はチェックしていただけましたでしょうか?

以下をクリックしていただけますとホームページが開きますので

詳細はそちらでご確認ください。

お申込みもホームページからお願いいたします。

エレキ,ギター,奏法,上達,初心者,ミュート,パームミュート,ブリッジミュート,消音,ノイズ,対策,アコギ,テクニック

 



完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。

まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。

ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube