スティーブヴァイ Steve Vaiの”The Audience Is Listening”という曲
ご存知でしょうか?

このThe Audience Is Listeningの冒頭のギターフレーズパターン。
本当にカッコよいんですよね。
こういう雰囲気は何のジャンルになるのでしょうか?
ロックブギー??ロックブギウギ!?みたいな感じですかね?

Rock Boogie…なかなかクールな響きですね。

アメリカのギタリストはこういうノリ、グルーブ感が
身体に染みついているんでしょうね。
きっと小さい頃から良く耳にしてきたノリ、グルーブ感なんでしょう。
同じ音をコピーして弾いたところで、同じ様なノリは出せない感じです。

今回はそのまま歪んだ感じの音で弾いても面白くないので、
クリーン寄りの音で、
何と!BOSS JS-10の中に入っている「Latin1」というラテンのリズムに乗せて
自由に弾いてみました。
なかなか格好良く弾けましたよ。
こういうプレイスタイルは弾いていても楽しいです。

原曲はこちらになります。
https://youtu.be/j8O3zC4E1NI

当方が自由に弾いたヴァージョンは以下の動画になります。
調性、Key、スケール、コードなんて無視ですよ。
カッコよければそんなのどうでも良いじゃないですか!?
しかし講師として最低限の勉強はしておかないといけませんね。
頑張ります。(-_-;)

それでは自由過ぎるギター講師の
Steve Vai ”The Audience Is Listening”をご覧ください。

さてさて、スティーブバイのコピーも宜しいのですが、
当方オリジナルのやってみたくなるギターフレーズのデモ動画はもうご覧頂けておりますでしょうか?
まずはそのデモ演奏をご覧ください。

こんな感じのフレーズ、自分も弾ける様になってみたい!!
とおっしゃる方!!!
この10種類のフレーズをとことん丁寧に解説致しました
教則DVDを絶賛発売中でございます。

詳しい商品説明と販売ページは以下になります。
是非チェックしてみて下さい。
https://www.kotamusic.com/10songsdvdindex.html

DVD,ギターフレーズ、10選

 

今回も最後までお読み頂き有難うございました。
当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
 

■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!