当方が制作、販売しております完全オリジナルのギター教材ですが、

映像を撮影している機材については、以前こちらのページで紹介したしました。

全て、普通に手に入る物ばかりで、特に高価なものは使っておりません。

カメラに関してはもう少しグレードアップさせたいと思いますね。

ライン入力端子が付いているもので、レンズの絞りをきちんと調整できて、

なるべくお手軽で・・・探した事はありますが、なかなかこの2点をクリアしてくれるカメラってないのですよね。

 

で、撮影しました動画はいつも Video Studio X7  というソフトで編集しております。

色々使って決めた訳ではないので、他のソフトと比べる事は出来ないのですが、

「慣れると使いやすいです。」

あくまでも慣れると・・・です。

録音ソフトでもこの映像編集ソフトでもなんでもそうですが、そのソフトによってどうしてもクセがありますね。

このVideo Studio X7の場合は、以前のバージョンからそうなのですが、

映像を途中で切って、前後をフェードアウト、フェードインのクロスフェードでつないだ時に

フェード部分に後ろの音声が被る場合に、その被り具合によっては「プツっ!」とノイズが入る事があるのです。

こういう場合は、後ろの映像の音声がきちんとフェードインし終わってから出る様にしないといけません。

このソフト、映像のクロスフェードは得意ですが、音声のクロスフェードはかなり苦手みたいです。。。(T_T)

 

編集画面はこんな感じです。

VIDEOSTUDIO X7

当方は弾き間違い、言葉の詰まりなどが非常に多いので、教則DVDが1時間だとしたら大抵倍の2時間分くらいは撮影しておりますね。

間違ったところ、言葉が詰まったところなどをどんどんカットしていってつないでいく作業が延々続くのです。

自分の声をひたすら聴く作業は拷問に近いですが、しないと完成しませんので(笑)仕方ないですね。

 

映像のカット編集以外の作業としては、画面に表示させる譜面画像の制作や、テロップ文字入れ作業があります。

 

当店オリジナルギター教則DVDの中には7時間以上のものとかありますが、

その場合15時間くらいカメラの前で弾きながら喋って撮影ですよ。

1日1時間ずつ撮影しても2週間です。本当に根気の要る作業です。

途中でアレルギー性鼻炎が悪化したりする事もありますし、なかなか大変です。(>_<)

 

という事で現在は泣きながら新作ギター教則DVDの映像編集を進めております。

今年中には販売開始いたしますので、今しばらくお待ちください。m(_ _)m

 

 

 
今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube