ヴァンヘイレンのフランケン風の自家塗装に挑戦!という事ですが、

こういう面倒なマスキングが必要な塗装はギター工房にお願いすると高いでしょうねぇ~~。

仕上がりの感じも人それぞれ、抱くイメージは様々ですから、

引き受けてくれる工房も少ないかもしれないですね。

手間を掛けて仕上げても、満足いただけないというリスクもありますし。

 

まあ当方はあくまでも趣味ですので、気楽なものです。

それはそうと、フランケンの塗装を施したボディーだけとか販売したら結構売れるんじゃないでしょうかね。

簡単に量産できれば商売としても面白そうです。デザインの使用権とか複雑な事があれば面倒ですが・・・

 

さて、今回は購入しました缶スプレーのご紹介です(笑)

とにかく安く仕上げたいと思う訳ですが、ネットで調べてみると、最安値で300mlの物が税込180円くらいです。

近所のホームセンターとかはかなり高いだろうなぁ~~と思って寄ってみたら、何と!

税込190円程で売っておりました。

送料の事とか考えると、こちらの方が安価です。

後は、直接木に塗料を噴いても染み込んでしまって定着しないので、

下地作りにシーラーも購入いたしました。

エレキギターEVH [ヴァン ヘイレン]FRANKENSTEIN Replica 2007

取り敢えず各カラー1本ずつですが、塗装自体は剥がれてもそれはそれで雰囲気が出るので、

薄い薄い塗膜でOKです。きっと各カラー1本ずつで十分だとよんでおります。

クリアラッカーだけは少し容量の大きいものを買いました。

その他は耐水ペーパー、マスキングテープ、マスク、ギターに付ける「取っ手」にする木、を同時に購入です。

パドゥーク材の削り粉は発がん性があるとか何とか・・・以前読んだ事があるので、マスクは必需品ですね。

でも余り削る作業はしたくないので、下地を整えるのも最小限にしたいと思っております。

 

で、購入しましたラッカーの成分を確認してみると、「ニトロセルロース」となっております。

「ニトロセルロース」ってギターの塗装では非常に有名な種類ですが、

良く言われている「ニトロセルロースラッカー」とこの缶スプレーのそれとは何か違うのでしょうねぇ~~。

自家塗装だと何とも貧弱な塗膜になりそうですが、それも狙いの一つですので、まああまり気になりませんね。

ラッカー ニトロセルロース

冬期は2時間以上乾燥して重ね塗りかぁ~~、のんびり出来そうです。

次はのんびりとギターのパーツを取って、ボディーだけにする作業に取り掛かりたいと思います。

パート3につづく・・・

 

 
今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube