当方、TAB譜(タブ譜)を書く時は

いつもIllustrator(イラストレーター)というソフトを使って

図形的、絵的に書いておりますが、

五線譜も同時に書きたい時はさすがにかなり面倒です。

 

そこで無料でダウンロード可能な

ギタリストも使いやすと評判の

「TuxGuitar」

という作曲ツール・楽譜作成ソフトをダウンロードして使用してみました。

ダウンロードはこちらのページから可能です。

英語ページですが、ダウンロードしてソフトを起動させると

自動的に日本語表示になりました。これは便利です。

(当方Windows 8にて使用Mac版の事は分かりません。)

tuxguitar タブ譜作成ソフト

使い方は以下のページにて分かり易く書かれております。

当方も参考にさせて頂きました。

http://www.gigafree.net/media/midi/tuxguitar.html

 

1時間程色々と触っておりましたら、大体の機能は把握出来ました。

早速ギター初心者様のレッスンで使う譜面を作ってみました。

tuxguitar tab譜制作作成ソフト

ギターの指板を画面に表示させて、

カーソルを希望の弦・フレットのところに持って行き

クリックするとtab譜にフレット数が表示されますし、

10キーを使用してフレット数を入力して行く事も可能です。

コツとしては、短い音符に設定しておき、

先にその小節のフレット数を全て入力し、

後から音符の長さを変えるのが早く作業出来ると思います。

入力していく度にパソコンからその音程の音が出ますので、

その都度音程の確認が出来、ミスをするとすぐに気付く事が出来ます。

 

コードの押さえ方ダイアグラムやコード名も表示可能で、

コードエディタという設定画面には、はじめから主要なコードの押さえ方ダイアグラムが

登録されておりますので、それらの中から選ぶか、

希望の押さえ方が無ければ、新たに登録も可能です。

 

フリーソフトという事を考えると十分な機能が入っていると思います。

 

難点は、ソフト側で印刷の設定(大きさ、1段の小節数など、、、)を色々変える事が出来ないという点です。

そのままですと字が小さくて老眼が始まった私にはかなり見辛いです(>_<)

拡大してスクリーンショットの画像を画像ソフトに表示させて

そこから印刷した方が良さそうです。面倒だ。。。(>_<)

 

まぁ気軽に便利に使えるという意味ではこのTuxguitarの様な

フリーソフトは非常にありがたいですが、

やはりもう少し希望通りの編集が出来るソフトでtab譜制作したいところですね。

近いうちに楽譜制作ソフトの定番 「Finale」のライト版にあたるPrintMusic を導入したいと考えておりますです。

ギター教室運営しているので、アカデミック版が使えるみたいな感じですが

どうなんでしょうか?

只今問い合わせ中です。まだ返事ないけどね・・・

 

譜面と言えば、ギター初心者の方で、

音符の長さに関してちょっと曖昧なままtab譜を読んでいる・・・

とおっしゃる方、案外多いのではないかと思います。

その様な方に向けたオリジナル教材がございます。

譜面のリズムが分かる様になる教則DVDです。

いつもTAB譜で場所は探せるけど、

音符の長さは曖昧なままでここまで来てしまった。。。

とおっしゃる方!

是非!この教材お試しください。

曖昧だった音符の長さの事がしっかり理解出来て

初心者の方にありがちな疑問や問題をスッキリ解決させて頂きます!

詳細は以下のページでご確認下さい。

ご注文も以下のページからお願い致します。

https://www.kotamusic.com/rhythmdvdindex.html

楽譜,譜面,音符,読み方,リズム

 
今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村