当方Floyd Rose フロイドローズが搭載されたエレキギターを

1本持っておりますが、ロックナットも何か1フレット辺りを弾く時に

非常に邪魔になりますし、

もうアーム使わなくて良いか!

と思いまして、ナットは自分で象牙で作って付けました。

 

で、ブリッジ部はフローティングのセッティングにしていたので、

このままでは当然使いづらいです。

とにかく強固に固定しようと考えまして、

以下の様にしてしまいました。

ボディー裏から見た、サスティーンブロックです。

スプリングは残響音が出る様に(笑)1本だけ掛けています。

というのは冗談で、アース線がブリッジにつながっていないとマズいので、

スプリングを掛けております。

Floyd Rose フロイドローズ

元々フローティング状態のブリッジでしたので、

ブロックの前後どちらもスペースが空いておりますね。

どちらの空間も埋める必要がありますので、

ネック側のスペースには薄い合板を何枚か貼り合わせて

ちょうど良い厚さにし、挟み込ませました。

問題はボディーエンド側のスペースです。

ここのスペースを埋めなくても、スプリングを沢山掛けるだけで、

まぁ使えない事はないですが、

音の伝達を考えるとここも埋めて音質の変化を確かめたくなりますよ、、、当然・・・

 

ここも木材で同じ厚さ分のブロックを作れば良いのですが、

実際のところ、1ミリでも厚いと入りませんし、薄いとスカスカになってしまいます。

1弦側と6弦側で微妙に隙間の広さが違いますし、

そんな微調整してたら時間が幾らあっても足りませんし、

縮んだらどうせスカスカになります。

 

色々考えまして、それなら可変できるスペーサーを入れてしまえ!!

という事で、写真の様な小さいジャッキみたいな物を

ホームセンターで買いまして設置してみました。

台座のパーツにボルトをねじ込んでいるだけですので、

高さはボルトを回せば無段階で変化させられます。

(元々何に使う物なのか知りません。。。)

1個でも良いのですが、まぁ音の伝達が良くなるかもしれないと思い、

3個設置致しました。

 

注意するのは、サスティーンブロックを上から下まで密着するような

大きなスペーサー(ネック側)を付けてしまうと、

最悪ブリッジ自体が2支点のアンカーから外れてしまって、

ボディーとサスティーンブロックのみが接しているという事態に

なってしまいますので、

この点は注意です。挟むスペーサーは遠慮気味に小さ目の物が

無難です。

ジャッキをかませる位置も注意が必要かもしれません。

2支点は常に注意しながらの作業が大事ですね。

 

気になる音の変化ですが、

アンカーを入れる前と比べると、生音の芯のしっかりさが

全く違います。

やはりジャッキをかませたほうがしっかりした締まったアタック音が出るのです。

 

ここで、いかにノーマルのFloyd Rose フロイドローズのブリッジが貧弱な音を

出す原因になっているかを実感した訳です。

 

もう余程の事がないと使わないかもしれません。

フローティングだと、すぐに音が震えますしねぇ~~~。

チューキングで簡単にブリッジ動きますしねぇ~~~。

ユニゾンチョーキングとかハーモナイズドチューキングとか

物凄いテクニックが要りますよ、、、ほんとに。。。

なかなか落ち着いて弾けません。

ブロックを安定させるTREMOL-NOなども使った事がありますが、

使用感がほんとに悪くなります。

 

久しぶりに弾くと、ブリッジのファインチューナーのツマミが物凄く邪魔ですしね。

こんなに上に突き出ていて、何故今まで気にならなかったのか

自分で不思議です。

知らず知らずのうちに右手のフォームが大きく変化したんでしょうね。

まだ初期のファインチューナー無しのモデルのが良いですよね。

そう言えば、Guthrie Govan(ガスリー・ゴーヴァン)はシャーベルのギターに

初期型のFloyd Rose フロイドローズ搭載していましたよね、確か・・・

 

アームは使わないなぁ~~とおっしゃる方は

一度試してみられてはいかがでしょうか?

 

※注意!:この作業をする場合、自己責任で作業を行って下さい。

この作業を行って問題が起こっても責任は取りかねます。予めご了承下さい。
今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村