今回は特殊効果を出すエフェクターの中では比較的馴染みのある

ワウペダルの使用方法についての解説動画をアップロード致しました。

このワウペダル、派手に使用してバッチリ決まる!というのは

やはりファンキーなジャンルでしょうかね。

カッティングをしながら上手くワウペダルを使うと、

これ以外ないでしょ!!??

というくらいバッチリの雰囲気が出せます。

 

ワウペダルで有名な定番メーカーと言えば以下辺りでしょうか?

VOX

JEN

THOMAS ORGAN

Jim Dunlop

これらのメーカーは「CRY BABY」というモデル名でワウペダルを製作しております。

当方は昔、マイケルシェンカーに憧れてJENのクライベイビーを持っていた事がございますが、

それ程使う場面というのは無くて、結局知らない間に手元から無くなっておりました。

その他のメーカーでは

MORLEY

IBANEZ

BOSS

辺りが人気ですね。多機能ならBOSSのPW-10 V-WAH がダントツですね。「デジタルモデリングワウ」ですので、

その音色の多彩さは圧倒的です。

 

しかし、伝統的な仕様のワウには掛かり方に独特の個性・味がありますので、

やはり最後は好みで決めるしかなさそうですね。

 

実際に使用しているところは下の動画でご覧頂きますが、

このワウペダル、歪み系エフェクターと一緒につなぐ場合の順番が、

音質に大きく影響する事はご存知でしょうか?

 

前述のマイケルシェンカーなどは

歪み系エフェクター(ディストーション、ファズ、オーバードライブ、ブースター)の前に

このワウペダルをつないで使っていたと思います。

前につなぐと、より補助のイコライザー的な使い方が出来る為、

気に入った音質のところで、ペダルを止めて使っていた方も居られました。

ただ、大きく「ワウワウ」の効果が欲しい時は歪み系エフェクターの後ろに

つないだ方が効果は大きく出ます。

しかし歪み系の前につないだ時とは大きく音質が異なる為に

使い方はより限定されてしまう印象があります。

 

日本のギタリストで言うと、B’Zの松本孝弘などは、歪み系エフェクターの前に

ワウペダルをつないだ時の音質が基本の様に感じます。

恐らくそういう感じのアタック感がお好きなのだと思います。

ワウペダルの固定した時の音質だけを出したいのであれば、

パラメトリックイコライザーを歪み系エフェクターの前につないでも

似たサウンドは出せます。

コードバッキング時でも使える様に弱めに掛ける事も可能ですので、

可変させる必要が無い時はそちらをお勧め致します。

イコライザーはグラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザーがございますが、

ワウをつないだ時のあの音質を目指すならば、断然パラメトリックイコライザーの方が

簡単です。

 

さて、それでは実際に実演、解説の動画をご覧ください。

 

いかがでしたでしょうか!?

やはりワウペダルにはカッティングフレーズがバッチリハマりますね。

さてカッティングと言えば、当方が制作致しました、

「カッティングのスーパーレッスン曲」の教則DVDはチェックして頂けておりますでしょうか?

どのレベルの方でも理解できる様に非常に丁寧な解説となっておりますので、

じっくりとカッティングに取り組んでみたいとおっしゃる方には

最適な教材となっております。

是非お試しください。

https://kotamusic.com/cuttingsldvd/

ギター,カッティング,やり方,仕方,上達,方法

カッティングのスーパーレッスン曲は以下になります。

やってみたい!と思われた方は是非!!

 

今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

 

 

■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!