今日は大阪までColin Vallon Trio(コリン・ヴァロン・トリオ)(コリン・バロン・トリオ)を

妻と観に行って来ました。

COLIN VALLON TRIO

ドラマーの JULIAN SARTORIUS もうそのプレイが現実だったのか、今でも疑いたくなる程、

別物でした。

異次元とかいうしょうもない言葉を使いたくないですが、別世界でした。

 

全て聴き終わった後に感じた、あの美味しい水を飲んだのに近い感覚。

雑味が何も残っていないのです。信じられません。

 

正直書かせてもらって良いでしょうか。。。

 

自分がアーティスト、表現者でなくて良かったぁ~~~と心底思いました。

自分がそういう様な事に心底取り組んでいたならば・・・

考えたくもありません。

 

自分にできる事を頑張っている、今の自分で良かったぁ~~そう思いました。

正直過ぎますが、そう思いました。

 

考えられない量の練習・・・そんな事も当然必要でしょうが、

人間の誰かの真似をしてここに辿り着くのでしょうか?

国籍、性別、年齢、など色々なくくりがありますが、

それらの縛りをとっぱらった後に残る核の部分を揺り動かす力を持っているんです。

 

それは・・・

 

もうこの先は書かないでおきます。

 

ただ、こういう感覚を共有出来るパートナーがそばに居る事を幸せに感じました。

 

こんな記事を読んで、こいつ一体何なんだ?と思われる方も多いと思いますが、

そういう奴なんですぅ~~

 

まぁたまにこういう記事も書きますので、今後共宜しくお願い致します。

 

今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村