「リズムアドリブ」

このワード、初めて見た!とおっしゃる方、案外多いと思います。

私も初めてです(/・ω・)/

と言いますか、今回勝手に作ったワードなんです。

 

しかしこの「リズムアドリブ」、言いかえると「リズムのアドリブ」になると思いますが、

もしかしたらこれ、アドリブ演奏が上達する上で

実はスケールとか音楽理論よりも大事な事かもしれないと

最近感じているのです。

 

ぶっちゃけ話として、

スケールなんてメジャースケール、ナチュラルマイナースケール、

ペンタトニック(メジャー、マイナー)

あとはハーモニックマイナースケールくらいを覚えてしまえば、

シンプルな構成の曲に合わせて適当に弾く事は可能です。

どうしても上手く流れに乗れないところは、

大抵コードアレンジを少し凝った感じにしていたり、

イレギュラーな事が多いので、そこの箇所だけ

別にフレーズの流れを考えてやれば、無難にこなせるのです。

 

しかしながら、これは弾く「音階」だけの話です。

重要なのは、

「どんなリズムで弾くのか!?弾けるのか!?」

という事です。

 

という事で、今回アップしました動画は皆さんに向けてテスト的な意味で

「今現在、あなたはこんな事が出来ますか?」

というテーマで、

ある基本フレーズを題材にして、そのフレーズを色々なリズムに合わせて変化させながら弾いてみました。

 

基本フレーズは以下の8小節のものになりますが、本当にシンプルなものです。

まずBPM:120くらいのテンポで弾いてみて覚えてください。

リズム,ギター,エレキ,アコギ,アドリブ,リズム感,ノリ,グルーブ感

 

このフレーズを動画の中で実際に3拍子のリズムに合わせて弾いたり、

ディスコ風リズムや、ラテン調のリズムに合わせて弾いています。

リズムが変われば、当然その上で旋律を弾く場合も、フレーズの流れが狂わない様に

リズムを変化させて弾く必要があります。

3拍子になった時などは、1小節が元々4拍だったところ3拍に変化させるわけですから

リズム的な事がしっかり身についていないと出来ないのです。

 

皆さんも一度そんな事が出来るのか、ご自分でお試しください。

まさにこういうリズムのアレンジ力というのが、アドリブ演奏の時に必要となります。

もうリズム変えて弾くなんて、あり得ない・・・そう思われた方は

今まで以上にリズムに関するトレーニングを重視していただきたいのです。

 

このリズムの事をテーマにしたギター教材を完成させるつもりなのですが、

なかなかどんなトレーニングをしていただくのが良いのか、思案中であります。

何とかこれも形にしたいと思いますので、ご期待ください!!

 

さてそれでは同じ旋律を色々なリズムに変化させて弾いたプレイを

ご覧ください。

そして、聴くだけではなく、ご自分も出来るか?是非挑戦してみてください。

動画は後半部分で非常に大切な事を言っております。必ず最後までご覧くださいませ!!

https://youtu.be/CwqVyzg0Kyk

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

—————————————————————————–

さてさて、現在販売中の

「ギター上達に欠かせないミュートを習得する為の教則DVD」

はチェックしていただけましたでしょうか?

以下をクリックしていただけますとホームページが開きますので

詳細はそちらでご確認ください。

お申込みもホームページからお願いいたします。

エレキ,ギター,奏法,上達,初心者,ミュート,パームミュート,ブリッジミュート,消音,ノイズ,対策,アコギ,テクニック

 



完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。

まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。

ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube