当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる


 

普段はリクエストにお応えする事は余り無いのですが、

YouTubeのコメント欄に

「神様、僕は気づいてしまった というバンドの CQCQという曲の

ディレイが掛かったイントロギターフレーズ部分を弾いてみたいので、解説お願いします」

という様な内容のコメントが書き込まれたので、

今回はどういう訳かその日のうちに耳コピして動画を制作し、YouTubeにアップいたしました。

 

有難いことに、同じ様なリクエストコメントは沢山頂く様になって参りましたが、

耳コピし、動画を作るとなると、作業完了まで1,2時間では済まないのです。

皆さん簡単に考えておられるかもしれませんが、

「耳コピ、tab譜制作、動画撮影、動画編集、アップロード」

これだけの作業が待ち構えている訳です。

簡単ではないのですよ。

 

しかし、何かコメントから感じ取れるものがあれば、

今回の様な事も突発的にしてしまう事もあります。

 

懲りずに、リクエストのある方は遠慮せずにコメント書き込んでみてください。

実現率はかなり低いですが、ゼロではございませんので。((+_+))

 

さて、今回耳コピしてみました、

「神様、僕は気づいてしまった」

というバンドですが、見た目は被り物していたりして、奇抜ですが、

曲はアレンジもしっかりされていて、プロ集団といった印象を受けます。

 

イントロのディレイのトリックを使ったギターフレーズ部分は

やはりディレイが掛かっているせいで、何を弾いているのかかなり聴き取りづらかったです。

恐らく音が違う部分もあるかと思いますが、かなりオリジナルに近い感じになっていると思います。

やってみたい方は、是非オリジナルと比べてみてより精度の高いものにしてみてください。

ディレイタイムは 曲のテンポ約143の倍の286ms くらいにすると上手く合うと思います。

フィードバック(ディレイ音が鳴る回数)の設定は少な目にして、ディレイ音が2,3回だけなるくらいが

良いです。

あまりディレイ音の回数を増やし過ぎると、旋律の流れが分からなくなりますので、

深く掛け過ぎない様にしましょう。

 

ギターの奏法としてはブリッジミュート(パーミュミュート)を終始掛けている感じです。

ブリッジミュートで常に、少しスタッカート気味で弾くのがコツです。

そうすれば、遅れて聴こえて来るディレイ音がはっきりと聴こえる様になります。

 

ピッキングは当方全てダウンで弾いていると思いますが、

アップも混ぜても勿論問題ございません。

ただ、ブリッジミュートをきちんと掛けて、ノイズを防ぐという意味では

全てダウンピッキングという選択肢も悪くないと思います。

色々なパターンを試してみてください。

 

それではtab譜付演奏動画をご覧ください。

tab譜を表示させる時は分かり易い様にディレイを切って弾いております。
https://youtu.be/WLldv5Fx-v4?list=PLhuN7MW6fz4iz4IcwDNKmPTU5si9NQixf

神様、僕は気づいてしまった - CQCQ ギターのイントロディレイトリックフレーズ
今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube
 

 

■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!