ロックギター好きにとっては名曲でしょう。

布袋寅泰がBOOWY(BOØWY、ボーイ)時代に作った曲

BAD FEELING(バッドフィーリング)、

冒頭のカッティングパターンは弾いてみたくなる人も

多いのではないでしょうか?

このフレーズ、最初にコピーしたのは私が高校生とかでしょうか、

幾ら弾いても良い感じで弾けないフレーズですね。

今回は原曲に忠実に!というのではなく、

フレーズの中に無理矢理32分音符の空ピックを入れて弾く練習をしてみました。

自分流BAD FEELINGですね。

このフレーズは布袋さんご本人も空ピックやスライド、ベース音など

弾く度に色々違うアレンジ、タッチで弾かれていますね。

グレッチで弾かれている動画もありましたが、やはり歯切れの良いカッティングは

絶品です。

あのロングリーチならではの大きな動きは魅力ですね。

ご本人にツィッターでメッセージを送ったら、返事頂いた事あるんですよ!!

ファンを大事にされる本当に良い方です。

それでは32分音符空ピック練習動画をご覧ください。

このBAD FEELINGの冒頭カッティングを丁寧に解説した動画もアップしております。

挑戦してみたい方はお役立てください。

カッティング奏法はギターの良さを最大限に活かせる奏法の一つですね。

じっくりとカッティングを練習、習得してみたい!とおっしゃる方に

お勧めの教材が2種類ございます。

是非詳細をご確認下さい。

■カッティングの基本を習得出来る教則DVD

https://www.kotamusic.com/cuttingdvdindex.html

■カッティングのスーパーレッスン曲教則DVD

https://kotamusic.com/cuttingsldvd/

今回も最後までお読み頂き有難うございました。
当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村
 

 

■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!