今回はレッスンでも実際に生徒さんに試していただく、

速弾きの際の左手フィンガリングのチェック方法!

を紹介した動画をアップいたしました。

 

何も特別なことをするのではなくて、

パームミュートをした状態でピッキングせずに左手フィンガリングのみを行うだけのチェック方法なのですが、この方法だと左手の各指が正確に動かせているのかが簡単に判断できるんです。

何となく自分の左手フィンガリングってあやしいよなぁ~~という方は是非一度お試しください。

出来ていない場合は殆ど音が出ませんし、リズムも狂いなどもとにかく良く分かります。

 

特にいつも深めのディストーションサウンドで練習していると、

左手フィンガリングが多少いい加減でも出来てる感じがしてしまいますよね。

 

レッスン中にチェックさせていただいても

音と音の分離が曖昧で音が団子状態なのにOKとしている生徒さんが少なくないのです。

 

これは上手に弾くという以前にまず「良い音」が出ない弾き方です。

いつも言う様に全ては「良い音」ありきだと思っていますので、

狙いでやる時以外は常に「良い音」「綺麗な音」を目指しましょう!!

 

それでは左手フィンガリングをチェックする方法を解説した動画をご覧ください。

https://youtu.be/BvycfRp6KJk

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

—————————————————————————–

さてさて、現在販売中の

「アドリブに使えるドレミを覚える為のギター教材!」

はチェックしていただけましたでしょうか?

以下をクリックしていただけますとホームページが開きますので

詳細はそちらでご確認ください。

お申込みもホームページからお願いいたします。

https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/adlibguitarpractice

ドレミでアドリブ習得 ギター

 



完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。

まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。

ギター ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 

当方のYouTubeチャンネルは以下になります。

https://www.youtube.com/user/kobekotamusic

youtube

 

■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!