今回はトレモロアームでのアーミングについて解説してみたいと思います。

トレモロアームは音程を上げたり下げたり出来るパーツです。
音程を上げるだけならば、左手でチョーキングをしても出来ますが、
音程を下げる事が出来る点が効果的には大きいと言えます。

一部のエレキギター(特にストラトキャスタータイプ)に良く搭載されているこのトレモロアームユニットですが、
その使い方を詳しく解説した動画がなかなか無い事に気付きまして
今回サクっ!と観て頂ける動画を撮ってみました。

こう書くと何なのですが、
「トレモロアームは初心者が使うものではありません!」
というのが正解の様に思います。個人的には・・・

何故かと言うと、チューニングが簡単に狂ってしまうからです。
トレモロアームユニットの中でもロック機能を備えたモデル(フロイドローズなど)であれば
一度チューニングすれば、そう簡単には音は狂いませんが、
チューニング自体、慣れないとかなり難しいです。
とにかく、チューナーが無くてもある程度正確にチューニング出来る様になってからの方が
賢明な様に思います。個人的には・・・

解説で使っているギターには昔ながらのシンクロナイズドタイプのトレモロが搭載されていて、
フロイドローズなどのロック式のユニットの様に大胆なアーミングは出来ないのですが、
そのかわり、ロック式のユニットには出来ない微妙なアーミングは可能なのです。

ロック式であってもそうでなくても、結局は弦とバネの張力を釣り合わせて中立を保っている訳で、
音程が不安定になる要素はトレモロアームユニットが無いギターに比べるとかなり増えるのです。

まぁ今回はそういう機構の説明ではなく、どういう風な使い方があるのかを
詳しく解説してみました。

それでは解説動画をご覧ください。

 

当方、完全オリジナルのギター・ベース用の教則DVDを制作販売しております。
まずは各教則DVDのデモ演奏だけでもご覧ください。
KOTA MUSICのカラーがお分かり頂けるかと思います。
DVDのご紹介ページはこちら
https://kotamusic.com/guitarblog/index.php/products

ギター,教材,初心者,上達,上手くなる

ブログランキングに参加させて頂いております。
宜しければ以下のバナーをポチっとクリックお願い致します。
ギター ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村