■奏法解説/チョーキング(パート4)【#0032】

エレキギターを演奏する上で欠かせない奏法の一つに「チョーキング」があります。
非常に奥が深い奏法ですので、幾つかのパートに分けて解説いたします。
今回は最終のパート4ということで、複数弦を使ったチョーキングについて解説した動画になります。

動画内で表示しているプリントは以下のページで表示していただけます。
https://mediable.jp/channel_posts/5828bd59-d1e1-42fc-ad47-78772b4c4725?uc=jkb7B1

以下のバナーをクリックすると動画ページが開きます。
※動画、プリント共、プレミアムプランにお申込みいただいた方のみ閲覧可能となります。

ギター,チョーキング,ベンド,ベンディング,奏法,テクニック,エレキ,アコギ,tab,書き方,表記,やり方,コツ,方法,ダブルチョーキング,ハーモナイズドチョーキング,ユニゾンチョーキング,
■私いつもYouTube動画撮影時に使用しているアンプはBOSS JS-10になります。
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する
サウンドハウスでBOSS JS-10を確認する

■私が現在使用しているピックはJIM DUNLOP / Tortex Flow Standard 1.14mmになります。
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!
サウンドハウスでFlowピックをチェックする!

■私がいつも使っている弦はこちらです。DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XL
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック
サウンドハウスでDADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120+ XLをチェック

■本気の録音作業ではKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー ) も使います。
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!
サウンドハウスでKemper Profiling Power Headをチェック!

■メインギターSuhrストラトに搭載しているブースターEMG SPC
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!
サウンドハウスでブースターEMG SPCをチェック!


■私が使用している譜面制作ソフト「Finale」(フィナーレ)
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!
サウンドハウスで楽譜制作ソフト「Finale」をチェック!